統計教育連携ネットワーク(JINSE)

 2012年から2016年まで実施した文部科学省の補助事業では、統計教育大学間連携ネットワーク(JINSE)を設立し、統計関連学会連合を構成する6学会の協力を得て、参加9大学(東京大学、滋賀大学、大阪大学、総合研究大学院大学、青山学院大学、多摩大学、立教大学、早稲田大学、同志社大学)が、統計教育に関する教材開発などに取り組んできました。

 2017年度からは、JINSEが開発・蓄積してきた資産を教育関係者に提供するために、参加対象機関を全国の教育機関等に拡大した「拡大版JINSE」の運用を開始しており、大学等の教育機関での成績評価にも活用されています。以下の「統計教育連携ネットワーク規約」および「JINSE会員向け統計検定運用規程」をご覧の上、参加をご検討ください。

 お問い合わせ、お申し込みは こちら (jinse@qajss.org)にて承ります。

 JINSEの活動は、統計教育連携ネットワークをご参照ください。
 2016年度までの活動は、JINSEのウェブサイトをご参照ください。

JINSE版統計検定

2017年度

2018年度

申請書類

入会

情報変更

退会

設置機関・書類送付先

設置機関

統計教育連携センター
Center for Statistics Education Network

書類送付先

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6-15
Y’sビル3階
一般財団法人 統計質保証推進協会