地方自治体における統計活動支援事業

趣旨

 政府が統計担当職員を中心として統計的な考え方の習得に力を入れている中で、日本統計学会が中心になって運営している統計検定は、国、地方自治体等で職員の経験評価に利用されています。統計検定の中でも、「統計調査士」は統計の基礎知識に加えて、社会人に求められる公的統計の理解とその活用力の修得を評価するもので、統計の役割、統計法規、公的統計の見方と利用に関する理解を整理するためにも有効とされています。
 公的統計の一層の発展を願って、このたび、特に地方自治体の職員として公的統計の作成に携わる方々に、統計調査士の受験機会を無償で提供することといたしました。この機会に、是非、統計的な知識を客観的に判断する指標としてご活用いただければ幸いです。

 なお、この取組は、統計検定CBT方式試験の運営を委託している株式会社オデッセイコミュニケーションズの全面的な協力の下に実施するものです。

無償受験チケットを希望なさる方へ

 お申込手続きやお申込資格については、以下の「地方自治体における統計活動支援事業 無償受験手続き」および「受験希望者への案内」をご覧ください。

地方自治体における統計活動支援事業 無償受験手続きpdf
受験希望者への案内pdf

要項

受験方式

CBT(Computer Based Testing)方式

受験種別

統計検定 統計調査士(CBT方式)
(おひとり様1回のみ)

対象人数

全国で500人

申込期間

2021年12月15日から2022年2月20日 18:00
(先着順、定員に達した時点で締め切り、以降は受付期間中に限りキャンセル待ち対応)

受験チケット有効期限

2022年3月31日まで
(お申込期間は2月20日までとなりますのでご注意ください)

試験会場

 昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響から、会場を急遽閉鎖する等、試験会場数の更新が頻繁に行われるため、現在はこちらのページで試験会場一覧を提示することが難しい状況にあります。
 お手数ですが、試験会場の情報については、CBT方式試験を運営する株式会社オデッセイコミュニケーションズのウェブサイトより、ご確認ください。

1. CBTの試験会場を探すページを開く
2. 「統計検定」の横の「都道府県から探す」をクリック
3. 都道府県名をクリックすると、受験会場一覧が表示されます

 試験会場の探し方については、上の「受験希望者への案内」の2ページ目にも記載しています。

お申込

お申込フォームURLhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe-4OcEXMrs6CoKwzHaG-mdd6v_yYSOcSb2jAzbcotsu5ipOw/viewform?usp=sf_link
(Googleフォーム)

お問い合わせ

 本事業に関する不明点などは、事務局〈jssc_ets X qajss.org〉(" X "を"@" に変更してください)までお問い合わせください。

その他

 本事業の広報用のものではありませんが、統計検定CBT方式試験のチラシを以下からご覧いただけます。
 統計検定のウェブサイト「統計検定チラシ・ポスター」