統計教育連携ネットワーク

受験要項

実施年月日: 2021年 6月 20日(日)

検定種別試験時間通常受験料
統計検定 準1 級13:30~15:308,000円
統計検定 2 級10:30~12:005,000円
統計検定 3 級13:30~14:304,000円
統計検定 4 級10:30~11:303,000円

* 検定種別の詳細は統計検定ウェブサイトの各検定種別のページから確認してください。
* 午前と午後それぞれ一つずつ受験することができます。

JINSE版統計検定とは
新型コロナウイルス感染症対策
JINSE版統計検定 JINSE一般会場受験 要項
受験生が当日持参するもの
合格発表・成績情報の提供
申し込みのご案内(PDF)

JINSE版統計検定とは

 統計教育連携ネットワーク(JINSE) は、日本統計学会公式認定の「統計検定」を利用した統計の学習達成度評価の仕組を提供しています。JINSE会員(大学、学部、学科、教員等)によって受験資格が認められた方は、会員が定める手続きに従って「JINSE版統計検定」として統計検定を受験することができます。JINSE版統計検定では、一般受験と同一の問題を用いて、同一の基準で採点され、合格者には統計検定の資格が認定されます。この制度を利用する会員は、各JINSE会員の定める利用条件と「JINSE会員向けの統計検定JINSE版統計検定運用規程」pdfを確認のうえ、お申し込みください。

■「JINSE版統計検定」実施方法
 JINSE版統計検定の実施には、一般試験会場を利用する方法と、会員が試験会場を用意する方法があり、それぞれ実施方法と料金が異なります。前者をJINSE一般会場受験、後者をJINSE特設会場受験と呼びます。
なお、2021年6月試験においては、新型コロナウイルス感染症対策の観点から、JINSE特設会場受験は実施いたしません。

■ 「JINSE版統計検定」の活用
JINSEは、JINSE版統計検定を通じて統計教育の改善と学習達成度の客観的な質保証を推進することとしており、この目的のために試験結果を活用します。ただし、これらの情報は統計学関連科目の成績評価を目的として、講義の担当教員である会員に提供される場合を除いて、受験者本人以外には提供されません。

■ 個人情報について
受験申込の際に入力された個人情報は、JINSE事務局が設置されている一般財団法人統計質保証推進協会が定める個人情報保護方針に従って、適切に管理します。なおJINSE では、取得した個人情報を統計学関連科目の成績評価を目的として講義の担当教員である会員に提供する他、個人が特定できない形式に適切に統計処理したうえで、統計教育の改善と質保証を目的とした調査研究・統計分析に活用する場合があります。
2021年6月試験においては、氏名や緊急連絡先等の個人情報は、必要に応じて保健所等の公的機関に提供される場合があります。

TOPへ

新型コロナウイルス感染症対策

中止の可能性と定員について

JINSE版統計検定試験につきまして、国内での新型コロナウイルスの感染拡大の状況如何によっては、検定試験の中止や会場変更等の事態が生じる可能性がございます。このような事態が発生した場合には、一般財団法人統計質保証推進協会ウェブサイト等にてお知らせいたしますので、適宜ご確認いただきますようお願いいたします。
感染拡大防止の観点から会場を限定し、定員を設けておりますので、申込者数の動向によっては締め切り前に募集を終了する場合がございます。また、申込者数が定員を超えた場合は、締め切り後に抽選を行う可能性がございます。ご了承ください。

試験中止の場合

申込後に試験が中止となった場合、受験料を全額返金いたします。また、中止に伴う受験者の不便、費用、その他の損害については責を負わないものとします。

試験実施の場合

試験前日までの確認
  1. 下記の項目に該当する場合は受験をお控えください。
    • 新型コロナウイルス感染症に罹患している恐れがある場合
    • 発熱、咳、咽頭痛等の症状がある場合
    • 過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性と診断された者との濃厚接触がある場合
    • 過去2週間以内に同居している者に感染が疑われた場合
    これらの事情で受験をご遠慮いただいた場合でも、受験料の返金、次回以降の試験への振替はいたしかねますのでご了承ください。
  2. 試験当日に発症者が出た場合に備え、緊急連絡先を確認します。受験申込の際に入力する「緊急連絡先」の項目には確実に連絡がとれる連絡先を記載してください。試験当日に発症者が出た場合に備えて、必要に応じて個人情報を保健所等の公的機関に提供する場合があります。
  3. アプリのインストールが可能な端末をお持ちの方は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご自身のスマートフォン等の端末にインストールして、ご利用いただきますようお願いします。新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の詳細については、厚生労働省のウェブサイトをご覧ください。
試験当日
  • 受験者自身で当日検温を実施し、37.5度以上の発熱がある場合、もしくは軽度であっても発熱、咳、咽頭痛等の症状がある場合は、受験をお控えください。
  • 試験開始時間の30分前から⼊場を開始いたします。混雑緩和のため、時間に余裕をもってお越しください。
  • 感染者拡大防止の観点から、試験中、発熱や咳が激しい等の症状が見られる受験者には受験のお断り、座席の移動等をお願いすることがあります。
  • 試験中に体調不良になった場合は、直ちにその旨を会場スタッフにお申し出ください。
  • 試験当日は、必ずマスクを着用の上で受験会場にいらしてください。マスクを着用されていない場合は受験できません。また、マスクは鼻と口の両方を覆い適切に着用してください。なお、本人確認のため、試験中に試験委員が指示した場合は一時的にマスクを外していただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
  • マスク着用の他、手洗い、うがい等、各自での感染防止対策に十分ご注意ください。
  • 会場トイレのハンドドライヤーは使用を中止しますので、ハンカチ等を各自ご持参ください。
  • 使⽤済みのマスク、ごみは各⾃必ずお持ち帰りください。

飛沫感染のリスク対策

  • 会場では受験者間の距離をあけて着席いただきます。
  • 会場では窓及びドアの開放または、空気清浄機等による換気を行います。外部の騒⾳が入る可能性がありますが、予めご容赦願います。また、室内の温度差に対応できるよう、服装にご配慮ください。
  • 会場内において会場スタッフが受験者と対面で会話をする場所には、アクリル板または飛沫防止フィルム等で対策を行います。
  • 受付やトイレ等で行列ができた際には、間隔を空けた整列を促します。
  • 大声での会話や密集は避けるようお願いいたします。

接触感染のリスク対策

  • 受験者同士で共有する箇所は、各試験開始前に消毒を行います(机、椅子の背もたれ等)。
  • 受験者、会場スタッフで共有する箇所は高頻度で消毒を行います(ドアノブ、電気のスイッチ、蛇口、手すり、エレベーターのボタン等)。
  • 各教室出入口に消毒液を設置します。
  • 試験問題等の配布の際は受験者と直接接触しないようにします。
  • トイレにハンドドライヤーが設置してある会場は、使用できないよう措置をとります。共用の布タオルが設置されている場合は、撤去します。また、トイレの蓋は閉めて洗浄するよう、お願いいたします。
  • トイレは定期的に消毒を行います。
  • 会場スタッフは全ての作業の際には、必ずマスクと手袋を着用し、高頻度の手洗いや消毒を徹底します。

発症時対策

  • 感染者や感染の疑いがある者が発生した場合、速やかに別室に隔離して受験を中止して帰宅していただきます。
  • 氏名、緊急連絡先等が、必要に応じて保健所等の公的機関に提供され得ること、をあらかじめご了承ください。
  • 会場スタッフ者に発熱、咳、咽頭痛等の症状があった場合は、速やかに別室に隔離して試験運営業務を中止して帰宅させます。

JINSE一般会場受験

<受験地>
東京23区内、名古屋、福岡地域

<申し込み方法>
会員は10名以上の受験者を集めて2021年5月7日(金)までにjinse_exam+202106@toukei-kentei.jp宛に「JINSE一般団体受験 申込書」xlsを提出して「JINSE一般会場受験」の申込を行います。申込書には、JINSE会員情報および受験者情報等を入力します。申込完了後、個人情報に関する誓約書を会員宛に送付しますので、署名・押印を行い返送してください。受験料の請求書は試験後に送付しますので、2021年7月末日までに振込を行ってください。

<費用>
受験料は10% 割引となります。
* 一度納入された受験料の返金及び次回への振替はできません。
* 申込後の取り消し、追加、検定種別、受験地の変更はできません。
* 試験当日に欠席者がいた場合でも、欠席者の受験料は発生します。

<受付期間>
2021年4月15日(木)~2021年5月7日(金)
「受験要項」と「JINSE一般会場受験」の内容に同意の上、jinse_exam+202106@toukei-kentei.jp宛に「JINSE一般団体受験 申込書」をご提出してお申し込みを行ってください。

<書式>
JINSE一般団体受験 申込書 xls
JINSE一般団体受験 申込書 記入例 pdf

TOPへ

受験生が当日持参するもの


・マスク試験当日は、必ずマスクを着用の上で受験会場にいらしてください。マスクを着用されていない場合は受験できません。また、マスクは鼻と口の両方を覆い適切に着用してください。なお、本人確認のため、試験中に試験委員が指示した場合は一時的にマスクを外していただきます。使⽤済みのマスク、ごみは各⾃必ずお持ち帰りください。
・ハンカチ等会場お手洗いのハンドドライヤーは使用を中止します。ハンカチ等を各自ご持参ください。
・受験票2019年6月上旬に、受験者に直接送られます。受験者は写真を貼付の上、持参してください。
・学生証等受験資格を確認しますので、必ず持参してください(*)。
・筆記用具HB又はBの鉛筆・シャープペンシル、消しゴム
・時計 
・電卓<持ち込み可の電卓>
四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる一般電卓又は事務用電卓
<持ち込み不可の電卓>
上記の電卓を超える計算機能を持つ関数電卓やプログラム電卓、電卓機能を持つ携帯端末

*試験当日は学生証等の会員組織が発行する身分証明書を必ず持参してください。受験資格を確認できない場合は、この制度を利用してJINSE版統計検定を受験することはできません。

TOPへ

合格発表・成績情報の提供

<Web合格発表>
試験日の約1ヶ月後に統計検定センターのWebページに合格者の受験番号を掲載します。
*試験当日にWeb合格発表希望の有無を確認します。

<試験結果通知書と合格証の送付>
2021年7月下旬~8月上旬に、受験者に直接「試験結果通知書」、合格者には「試験結果通知書」と「合格証」が発送されます。

<成績情報の提供>
2021年8月下旬~9月上旬に、JINSE会員に受験者の学習達成度に関する情報を提供します。

TOPへ

JINSE版統計検定受験 申し込みのご案内(PDF)

申し込みのご案内(PDF)pdf

TOPへ


「統計教育連携ネットワーク(JINSE)」のページに戻る

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.「統計検定」は登録商標です。